生前に備える葬儀

家族の負担にしない葬儀

女の人

生前に身の回りのあらゆることを整理しておく終活をすることが増えています。
子供や親族に負担を減らすことができますし、財産のトラブルを事前に計画的に防ぐことにもなります。
終活をするとなると、葬儀も事前にどのようにするかを取り決めておくといいでしょう。
大東市でたとえ今は健康状態がよくとも、予期せぬことがいつあるかはわかりません。
亡くなってからではどのような葬儀にしてほしかったかを伝えることはできなくなります。
そこで大東市でも事前に葬儀の手配をしておきましょう。
葬儀の規模や場所に関しても決めておくと、速やかにはかどります。
家族葬のように家族や近親者だけで執り行うかどうかも今だから冷静に決めることができます。
仮に家族葬にするとしても、その葬儀費用を残される家族に負担させることなく、今から家族向けに積立てをしておけば費用がまかなえます。
大東市で将来どの範囲の近親者や友人には葬儀に参列してほしいかを決めておくと、家族も慌てることがなく、最も理想的な葬儀を向かえることができます。
終活の一貫として、大東市で家族葬の手配を万全にしておいてくれると、家族は葬儀に関して何ら心配がありません。
ただせっかく家族葬の手配をしたのだから、自分だけのことにせずに、いざというときにはどのように連絡をして準備をする必要があるかということを話し合っておきましょう。
大東市で元気な間だからこそ、将来の家族葬のことも話し合えます。

良いプランを見つけるコツ

フラワー

シンプルな家族葬を大東市内で行う場合には、情報サイトで葬儀会社の一覧表とランキングを併用するのが効率的です。
会場利用料金もセットになった家族葬を選ぶと、想定する予算の範囲内で、素敵なお葬式を挙げられるでしょう。
一般的な大東市の葬儀会社は、20名程度の参列者に手ごろな会場を用意してくれるので、50万円以内の費用で家族葬を行うことも可能です。
利用可能な設備とサービスにも注目するのが、大東市内で家族や参列者の利便性を重視して、お葬式を挙げるコツです。
宿泊施設が完備した会場は、遠方からの参列者がいる場合にも最適であり、送迎バスと駐車場が充実した葬祭場も好評です。
しかし質の高い家族葬を大東市で行う場合に必要なのは、葬祭ディレクターの資格を持っている、経験豊富なスタッフによるアドバイスです。
葬祭ディレクターに、プラン選びや祭壇のデザインについて相談すると、家族の希望に合わせて的確な助言をしてくれるでしょう。
また葬祭場を最大限に活かして、印象深いお葬式を挙げるために大切なことは、オプションメニューを活用した演出です。
生バンドを利用して故人の好きな曲を会場で演奏したり、通常よりも供花の量を増やして、明るい雰囲気でお見送りするのがトレンドです。
更に質の高い遺体安置サービスを提供している業者の会場を利用するのが、参列者全員が心に残るお葬式を実現する秘訣です。
遺体を安置する時に、納棺師による着付けや化粧のサービスを利用すると、心安らかに故人をお見送りできるでしょう。

心に残る葬儀の形

式場

今全国に広がり、大東市でも多く行われているのが家族葬です。
家族葬は大東市の葬儀屋さんでも専用のプランが設定されています。
大東市に限ったことではありませんが、家族葬のはっきりした定義はありません。
おおむね親しい人だけでとりおこなわれる葬儀のことが家族葬と呼ばれています。
大東市の家族葬のしきたりですが、一般的な葬儀と変わりはありません。
 家族葬の納棺式について説明します。
まず、故人の体を清める湯灌という儀式があります。
これは、故人の身体の洗浄や容姿を整えることです。
湯灌には腐敗が進まないようにする衛生的な側面と来世への旅支度として身を清める宗教的な側面があります。
病院で亡くなった場合には、このようなケアは通常してもらえますので、衛生的には湯灌をしなくても問題はありません。
しかし宗教的な意味合いを持つ儀式として行うことがあります。
遺体が綺麗になりましたら、巡礼の白装束に似た白い服を故人に着せます。
手足には手甲や脚絆や足袋を身に付けさせて、六文銭の入った白い頭陀袋をかけます。
これを旅支度といいます。
これは故人を偲びながら遺族が行ってください。
 旅支度がすみましたら、続いて納棺します。
白装束の故人を遺族全員でささえながら棺の中に入れます。
この時故人の手は合掌させて組み、数珠をかけます。
この際に故人の好きだったものを棺にいれてもよいでしょう。
故人への手紙を書きいれることもあります。
だたし、思い出のあるものでも、燃えにくいものや燃えない金属類などは入れないように注意しましょう。
この旅支度から納棺までを一般的には納棺式といいます。

家族のみで見送れる葬儀

ロウソク

家族葬を選択する人は、大東市でも増えてきています。しかし、参列する側にとっては迷うことも多いです。家族だけでゆっくりお別れをしたいと考えるのが理由であることが多いので、強いて誘われなければ弔問や香典も避けるべきです。弔電のみ送るのが望ましいです。

もっと読む

お葬式の費用の見積もり

数珠

大東市で家族葬をすることになったら、葬儀費用の見積もりを葬儀社に出してもらうことが大切です。葬儀社にもよりますが、家族葬プランの基本料金以外にも、食事代や香典返しの費用、お布施代などが必要になることが多いです。

もっと読む

葬式の仕切り役の決め方

数珠と鈴

最近は一般葬よりも家族葬が主流となっていますが、いずれも葬儀においてそれを取り仕切る喪主の役割は重要です。喪主は必ずこの人が務めなければならないといったルールはありませんが、一般的には故人と最も縁の深い実質的な後継者が喪主として選ばれる傾向にあります。これは多くの人が住む大東市でも同様の傾向です。

もっと読む