お葬式の費用の見積もり

最低限必要な費用や相場

数珠

家族葬をする場合、家族葬プランがある葬儀社に依頼する必要があります。
大東市でも家族葬プランは人気なので、ほとんどの葬儀社で取り扱っています。
しかし、プランの基本料金はそれぞれの葬儀社で違うので、内容について事前に確認することが大切です。
まず大事なのが「見積もり」です。
葬儀費用の見積もりは、電話やメールなどで問い合わせをすれば教えてもらえます。
家族葬を一通りすると、基本料金以外にも様々な費用がかかります。
大東市で通夜をするなら通夜振る舞いの食事代が参加する人数分必要です。
また、香典返しも必要になります。
こうした諸経費は家族葬プランの基本料金に含まれていないことが多く、別途必要です。
その場合は大東市の葬儀社に相談すれば、参加予定人数から必要な食事代や香典返しの費用を見積もってくれます。
仏式の家族葬の場合は、お坊さん、すなわち宗教関係者に支払うお布施代も別途必要です。
お布施代とは、具体的には読経代、車代、食事代、戒名料、心づけなど全て含めた費用です。
これらの費用は、家族葬が行われた当日に宗教関係者に現金で手渡しで支払うのが一般的です。
お布施代の相場に関しては、地域によってかなり差があります。
その地域の相場や、何回読経をしてもらうかによってお布施代の目安が左右されます。
大東市の場合は、関西エリアのお布施代の相場48万円が目安です。
ただし、読経回数が一回だけなど少ない家族葬なら30万円以下に抑えることが可能です。

入っていると安心な互助会

葬儀会場

家族が亡くなってお葬式をすることになったときに利用するのが葬儀会社です。
大東市で最近人気の家族葬(ファミリー葬)をする場合も、葬儀会社に依頼して行うのが一般的です。
葬儀会社といっても、大東市だけで見ても沢山の種類があります。
全国規模のネットワークがある葬儀会社から家族経営の葬儀会社など、タイプが違えば料金も違います。
家族葬をお得にするために、最初にいくつかの葬儀会社に見積もりを出してもらうことが大切です。
互助会に入会していれば、家族葬もお得にできます。
互助会とは、葬儀や結婚式などの冠婚葬祭に備えてお金を積み立てていくシステムです。
会費は一ヶ月2千円〜5千円ほどです。
生命保険などの保険と似たようなシステムですが、実際はちょっと違います。
保険はもしもの事があったときに保険金が支給されます。
互助会の場合は冠婚葬祭があったときにそのサービスを受けることができます。
また、互助会のネットワークは全国にあります。
指定された全国各地のお店やホテルやバスツアーなどが会員割引でお得になるのも互助会のメリットです。
月々わずかな支払いで、急なお葬式に備えることができるのが互助会の最大の魅力です。
大東市で何らかの互助会に入会しているなら、家族葬の相談をしてみるのがお勧めです。
加入している本人以外の同居中の家族の葬儀にも、積み立ててきたお金を適用できます。
また、必要な手続きをすれば、大東市外に住んでいる家族の葬儀にも利用できます。

葬儀屋を選ぶ時のポイント

線香

最近の葬儀で増えているのが家族葬です。
従来のように一般の会葬を行うと、香典返しやら何やら事後の後始末が面倒になります。
また高齢化が進んでおり、葬儀に参列するのも難しい親類や友人なども増えています。
それらを考慮すると、身内だけで密かに行う家族葬が最も適していることになります。
多くの人は病院で息を引き取りますが、臨終の際には看護師がサポートしてくれます。
医師に臨終が近いと伝えられた場合、家族葬を選択する場合は身内だけに連絡をすればよいのです。
また隣近所などに知られたくない場合は、自宅以外の場所へ安置します。
事前に家族葬をやると決めておけば、臨終の時に葬儀屋に任せることができます。
大東市にお住まいなら市内の葬儀屋だけでなく、近畿圏で手広く家族葬を執り行っている業者を比較して決めておきます。
大東市内の病院で亡くなった場合は、病院と提携している葬儀屋を紹介されることもあります。
それがイヤな場合は事前にお世話になる葬儀屋を決めておく必要があります。
大東市内の葬儀屋に依頼すれば、地元の役所に死亡届けを提出するのにも慣れています。
また大東市内の病院とも連携が取れるという利点があります。
死亡診断書なども病院で発行してもらえます。
葬儀屋を選ぶ場合は複数の業者に家族葬の内容と費用を聞いて、比較検討してから決定することが大事です。
一番良いのは近所で家族葬を行った人の意見を聞いてみることです。
どのような内容だったのかなど、良い点や悪い点などを教えてくれます。

家族のみで見送れる葬儀

ロウソク

家族葬を選択する人は、大東市でも増えてきています。しかし、参列する側にとっては迷うことも多いです。家族だけでゆっくりお別れをしたいと考えるのが理由であることが多いので、強いて誘われなければ弔問や香典も避けるべきです。弔電のみ送るのが望ましいです。

もっと読む

お葬式の費用の見積もり

数珠

大東市で家族葬をすることになったら、葬儀費用の見積もりを葬儀社に出してもらうことが大切です。葬儀社にもよりますが、家族葬プランの基本料金以外にも、食事代や香典返しの費用、お布施代などが必要になることが多いです。

もっと読む

葬式の仕切り役の決め方

数珠と鈴

最近は一般葬よりも家族葬が主流となっていますが、いずれも葬儀においてそれを取り仕切る喪主の役割は重要です。喪主は必ずこの人が務めなければならないといったルールはありませんが、一般的には故人と最も縁の深い実質的な後継者が喪主として選ばれる傾向にあります。これは多くの人が住む大東市でも同様の傾向です。

もっと読む